トレンド

息苦しい立体マスクとさよなら【アイスコットン生地で冷感マスク手作り】

市販のマスクもだんだん手に入りやすくなったものの、暑い日差しにマスク、もう限界ですよね…

私はひんやり冷たいアイスコットン生地で、夏用接触冷感マスクを手作りしました。

 

裁縫は苦手な私でも作れる、簡単立体マスクの作り方を紹介します!

 

マスクと一緒に使って熱中症対策に!濡らさなくててもひんやりするので通勤にも使えます。

本記事では『息苦しい立体マスクとさよなら【アイスコットン生地で冷感マスク手作り】』について書きます。

アイスコットン生地とは?

名前の通り、アイスコットンは『冷たい綿』という意味。

接触冷感生地って最近はよく出回っていますよね。触るとひんやりする生地です。

これで作ったらきっと快適に過ごせるのでは?と思いました。

 

アイスコットン生地についての記事です。

 

型紙から作る夏用アイスコットン立体マスクの作り方

アイスコットン生地でひんやり夏マスクの作り方

Ice cotton mask

立体マスクは型紙から作ります。

 

アイスコットン立体マスクの型紙の作り方

 

step
1

紙を輪にして折ります。

maskkatagami

step
2

紙が輪になった部分から2.5㎝で線を引き、市販のマスクをこの位置に合わせます。

実際に市販のマスクで、いつも自分が使う大きさに広げる。

最大に広げるとかなり大きいマスクが出来たので、自分の顔の大きさに合わせたらいいと思います。

maskkatagami

私は最大高さが14.3㎝でちょうど良かったのですが、面長の夫はもう少し大きくしないとアゴがでていました。ご自分の顔の大きさに合わせてください!

maskkatagami

型紙ができました。矢印の幅ですが、2㎝<2.5㎝<3㎝ と顔の幅に合わせて好みで変えるといいです。参考までに私は2.5㎝が好みの幅でした。

maskkagatami

step
3

このように型紙を広げて生地の上で切断。型紙×2で立体マスク1枚分が作れます。

右下の四角い型紙はプリーツマスクです。プリーツマスクの作り方は夏用マスクは接触冷感生地!今すぐポチりたいアイスコットンで紹介しています。

natumask

step
4

2枚切ります。準備完了!

Icecottonmask

 

アイスコットン簡単立体マスクの作り方

この立体マスクは我流にアレンジしてますが、簡単に作れます!

 

step
1

生地を中表に合わせたら、両端1㎝くらいのところを縫う。

Icecottonmask

step
2

縫ったところを開いてアイロンをかける。

Icecottonmask

step
3

今縫ったところへ中心をずらし、中心がずれないように待ち針で固定する。

Icecottonmask

step
4

Icecottonmask

  1. ①の部分をなるべく端っこを縫う
  2. ②鼻部分に針金を通す為、上になってる生地に少しだけ切りこみを入れる
  3. ③針金を通せるくらいの幅を開けて縫う
  4. ④下の部分を縫う。途中生地を返すための入り口を開けておく

 

step
5

鼻部分の針金を入れる。

針金は、市販の使い捨てマスクから取り出して使うのをお勧め

Icecottonmask

step
6

  1. ひっくり返して生地を表にする
  2. 上下①②を縫う
  3. 針金がずれないように③を縫う

Icecottonmask

step
7

マスクの両端を、マスクの顔に当たる方にゴムが通るくらいに折り返し縫う。

Icecottonmask

step
8

ゴムを通したら完成!

Icecottonmask

アイスコットン生地で作ったマスクは夏に活躍してくれそうです!

 

アイスコットン生地を使って更に薄く作った、真夏日用のプリーツマスクは風通しが良く、より快適に過ごせそう!作り方は夏用マスクは接触冷感生地!今すぐポチりたいアイスコットンで紹介しています。

 

アイスコットン生地で冷感マスク手作りまとめ

立体マスクって難しそうだけど、実際に作ってみると意外と簡単でした!

 

不器用な私でも作れました!

 

ひんやり冷たい夏用生地が手に入ったら手作りしてみませんか?

 

暑い夏がやってきます。自分専用の持ち運びできる小型クーラーが人気です!

-トレンド
-

Copyright© 共働き主婦の楽しく時短生活 , 2020 All Rights Reserved.