【子供脱毛もできるミュゼ】札幌で脇脱毛が一番安い>>

北海道積丹の生うに丼を食べに、車で食堂うしおへ行く

北海道グルメ
スポンサーリンク

北海道には美味しい海の幸もたくさんありますが、その一つにウニ丼があります。

北海道でウニが有名なのは、積丹・利尻礼文・襟裳・函館・羅臼など

全道あちこちで食べられますが、積丹のウニについてレビューさせていただきます。

 

積丹のウニの旬は6月~8月です。

今年の観光の計画の中に入れていただけたらと思います。

 

札幌から車で2時間ほどで行けるのでレンタカーで気軽に行けると思います。

新鮮でとっても美味しいので、現地に直接食べに行ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

ウニの種類は2種類

バフンウニ・・・丸っこいウニで濃いオレンジ色。赤ウニと言われる。味は濃厚で数が少ないので割高
ムラサキウニ・・・とげとげしたウニで黄色っぽい色、白ウニと言われる。味は上品で淡泊
丼で食べるなら、飽きのこないムラサキウニが私は好きです。
 
スポンサーリンク

積丹のウニ丼を食べる。札幌から車でのアクセス方法

毎年積丹のウニ丼を食べに行きますが、今回は8月上旬夏休みに

食堂うしお】に決定!

 

結局この辺りで食べるうに丼は、どこでも同じく美味しいです。

 

お店の雰囲気とかで選べばいいと思いますよ(^^♪

 

ちょっと早めに、札幌から車で8時半頃出発しました。

目指すはこのあたり!

 

© OpenStreetMap contributors

 

札幌中心部から高速道路に乗るとすると

札幌北から乗り、小樽方面札樽道に乗ります。

札幌北→新川→札幌西→手稲→銭函→朝里→終着小樽まで進み国道5号線へ

2018年12月8日に余市ICが開通になります。

そうしたら、ますます積丹半島へは行きやすくなりますね。

余市ICが開通したので、今後は余市まで直行されるのが最短になります!

 

ここからは

小樽観光も視野に入れたルートになります。

小樽に宿泊して、積丹まで足を伸ばしてみようっていうのもいいと思います。

© OpenStreetMap contributors

 

青の⇩が小樽高速出口です。ここから左へ行けば5号線、

まっすぐ行けば、ピンクの⇩のあたりが小樽運河、北一硝子、かま栄のかまぼこ、花畑牧場の店舗などがあるので、ちょと寄り道をして小樽観光するのもいいかと思います。小樽市内にはタイムズ駐車場もあちこちにありますし、かま栄のかまぼこにも駐車場はあります。

 

5号線にのったら、あとはひたすら1本道となります。

目的地が見えてきました!

ここでちょっと注意しいたのが青で囲んだ場所。

これが、この辺りは夏休み期間だと海水浴場が3つあり

1本道なので渋滞に巻き込まれる可能性が・・・

 

小樽を過ぎたら何キロか進むと塩谷駅方面看板が出てきます。

© OpenStreetMap contributors

先を急ぎたいので、青で囲ったショーットカット入り口赤⇩へ入ります。

入り口、うっかりすると通り過ぎてしまうので、この看板をしっかり見て!

塩谷駅方面左折です。

看板を左折したら、最初にある信号を右です。

余市へつながるフルーツ街道と言われているルートです。

© OpenStreetMap contributors

ナビでは、こんな感じ。5号線の左側を走ります。

混んでいる道はショートカットしちゃいましょう!

今回は余市へは行かないので途中で右へ入り

国道229を目指し、あとは真っすぐです。

 

スポンサーリンク

積丹の生うに丼が食べられる【食堂うしお】に到着!

ほぼ岬なので、右側は海です。素朴なたたずまいで懐かしい感じがする。

 

途中寄り道を何度かしたので、到着したのは11時頃でした。

ちょうどいいですね。

観光大型バスも何台か到着してました。団体さんは2階へ行くようです。

 

スポンサーリンク

旬の生うに丼を思う存分食べよう!

うしおのメニューはこちら

どれも美味しそうで目移りしちゃう。

お腹いっぱい食べました!また来年までのお楽しみです。

 

お店を出たらすぐ近くに観光名所にもなっている

積丹ブルーが見れる神威岬があるので、運動がてら寄ってみるといいですよ。

 

夏の北海道、積丹まで足を延ばしてみてはいかがでしょう?

北海道グルメグルメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ミネクマ暮らし
タイトルとURLをコピーしました