【子供脱毛もできるミュゼ】札幌で脇脱毛が一番安い>>

【アグネス流】子育て術7つの力とは

生活
スポンサーリンク

賢い子供に育てたい!と思いつつも、どうやって育てたら賢くなるの?

3人の息子を米国の名門大学に送り込んだアグネス・チャンさんが、独自の子育てを実践してきました。

 

この、アグネス流子育て術が注目を浴びているので、どのような子育て術なのか?まとめてみました。

 

簡単にできることばかりで、参考になる子育て術なので、子育て中でしたら取り入れてみるのも面白いと思います。

 

スポンサーリンク

アグネス流子育て術とは

アグネス・チャンさんは

1972年、『ひなげしの花』で歌手デビューをし、息子3人をスタンフォード大学へ送り込む

 

子育てで一番大切な時期は、0歳から3歳と3歳~8歳と言われていますが、思春期を迎える小学校6年生頃までが理想。

それでも、高校卒業までは大丈夫だし、20歳と過ぎてしまったとしても『愛してるのよ』という気持ちを伝えることで関係がとても良くなると仰っていました。

 

その子の良さを一生懸命探して褒めて、励まして育てたといいますが、具体的にどのように子育てを実践してきたのか?みてみましょう。

 

アグネスさんは、言葉がわかるくらいから小学校6年生まで続けた子育て術です。

 

①『実践する力』を伸ばす

五感を使って勉強を立体化することが大切。

小学校へあがり、教科書を手にした初日に全部を読ませる。そのなかで例えば桜がでてきたら

実際にお花見に行って体験してみる。前もって体験することによって、好奇心をもって前向きに勉強ができる。

 

②『楽しむ力』を伸ばす

日常をびっくり箱にして脳に刺激を与える。

普段の生活の中で楽しみながら学べる工夫をすることで、いろんな刺激を脳に与えることができます。

 

コンクリートの地面に2色の色があったら、ある色だけを踏んで進む。はみ出たら負けというゲーム

 

外出先から、右回り(右に曲がる)だけで家に帰る方法を考える

 

家から葉っぱを持ってでかけ、フッとふいて落とし落ちた葉っぱの先へ進む。突き当ったらまた葉っぱをふいて、葉っぱの先へ進み偶然どこかのお店に行けたらいいねという、あてなく遊ぶゲーム

 

アグネスさんは、きるだけたくさんの新しい経験をさせ、スキンシップをし刺激をえることで能力が上がると断言されています。

 

③計算力を身につける

果物を食べながら、みんなの分を切り分けて、ママが食べちゃったら減っちゃったねという引き算をやってみたり、皆の分のケーキを切り分けて割り算を教えたり、生活のあるものを使うことで五感を刺激する体験をさせて計算力をあげる。

 

アグネスさんのお子様の場合、料理に興味があったので料理を教えると材料を計ったり、オーブンで時間を入れたり数字と触れる機会が多くなるため、数学が得意になったそうです。

 

④理解力を身につける⑤読解力を身につける

本をわざと間違えて読む→間違いに気が付いたら理解しているということ。

間違えを見つけるのが子供は楽しい、その結果、脳の活性化につながる。

 

⑥想像力を身につける

自作の物語を作って聞かせる。

絵もなく字もないので、子が複数いてもそれぞれが違う想像を膨らませることができる。

 

⑤要約・プレゼン力を身につける

食事中に、自分が読んだ本を紹介しあう

 

スポンサーリンク

アグネス流子育て術Q&A

Q  叱るときはありますか?どういう叱り方をしたらいいですか?

ある日、子供がテストで70点をとってきた時に、その点数を隠してしまった。話を聞くといい点数をとってきたらママが喜んで、悪い点数を取ってくると悲しむと思ったらしい。 

A 

嘘なんてつかなくていい、あなたが生まれてきただけでママは嬉しい。どんな君でも受け止めるよ。問題があったら一緒に解決しようと。あなたと『愛しているんだ』という気持ちを伝えるのに8時間説教をしたそうです。そうすることで、その後嘘をつくようなことは一切なくなったそうです。

 

 

Q 答えられない質問をされたらどうしますか?

A 

いい質問をしてくれました!』もし、料理をしていたとしても、一旦中断をして質問をしてくれたことを褒める。分からない場合は正直にママもわかならい、一緒に調べよう。と、一緒に勉強する。自分で学ぶのが大事。もし、ここで忙しいから後からねとしてしまうと、質問をしなくなり勉強する機会がなくなってしまう。

 

スポンサーリンク

アグネス・チャンさんの本

アグネス・チャンさんは、いろいろな子育て本を出版されていますが、最新本『未知に勝つ子育て AI時代への準備』を出版しました。

アグネスさんのベストセラー

 

こちらも人気があります。

 

などが人気本となっていますが、アグネスさんの子育て術をヒントに実践してみたいですね。

生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ミネクマ暮らし
タイトルとURLをコピーしました